Magneの領域-Magnetic Field-

書を愛し狂う者のたわ言
<< コミケとライブの類似点 | TOP | 放課後退魔録(る).ワラキズ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | author スポンサードリンク | - | -
決して色褪せることのないその声。 -for RITZ-
冬コミ初日行かなかったもうひとつの理由はこのCDを買うためでした。

ご冥福をお祈りいたします
for RITZ /岡崎律子

去年5月、彼女の訃報を見たとき私は目を疑いました。
切ない歌の多い岡崎さんにしてもこれは切なすぎますした。

このCDは岡崎さんが作詞、作曲したPCゲーム「シンフォニックレイン」の曲を彼女が自分で歌ったもの10曲+岡崎さんの一番有名な曲「forフルーツバスケット」の全11曲になっています。

これまでの岡崎さんのテイスト全てが入っているような11曲でした。
中にはなにか自分の運命を予感していたような感じの曲もあり、CDを聞いて涙が出てきたのは初めてかもしれません。

最後にアルバムの中から特に心に響いた歌詞を少し紹介し、ご冥福をお祈りいたします。

ごめんね お別れが突然で
今は ちょっとね 寂しいけれど
かなしみじゃないの
いつか ちゃんと想い出になる
(トラック2 『I'm always close to you』より)

どうしてもひとりじゃだめな夜は
記憶の箱を開けて
少しだけ そこで逢いましょう
どんなことも一晩中だって打ちあけてね
でも
涙でおえてはだめよ
きっと 笑って箱を閉じて
(トラック4 『いつでも微笑を』より)

いつか 終わるのかもしれない
終わりなどないかもしれない
でも 止まぬ雨はない
だから いいの いいの
(トラック10 『涙がほおを流れても』より)
雑記 | 19:00 | author Magne | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 19:00 | author スポンサードリンク | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://magne.jugem.jp/trackback/85
トラックバック