Magneの領域-Magnetic Field-

書を愛し狂う者のたわ言
<< 「歌の翼に ピアノ教室は謎だらけ」 | TOP | ラウンジ万歳!! -Neko Mimi Mode / Tsuku Yomi Mode- >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | author スポンサードリンク | - | -
韓国のライトノベル
日本のライトノベルがどうやら韓国でも翻訳されて「NT NOVEL」という名前で発売されているみたいです。
角川スニーカー文庫や電撃文庫、MF文庫、スーパーダッシュ文庫など出版社が違う作品も一括で「NT NOVEL」として発売されているみたいですね。

そのなかで気になったのがこれこれ

はじめて見る表紙です。
どうやらこれは電撃文庫「ダクルブリッド」の1,2巻だと思われます。
このダブルブリッドの1巻と2巻は現在のたけひとさんとは違い、故藤原和音氏によるものでした。
ですがどうしてか差し替えられている様子。
描いている人が韓国人の方なのかは韓国語のHPなのでわからないのですが少し欲しくなってしまいました。
でもどうして差し替えになったんでしょう? よく分かりません。

参考記事:モノグラフさん
| 00:17 | author Magne | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 00:17 | author スポンサードリンク | - | -
コメント
ショートコメント
2008/08/05 4:57 AM by キーE璽

当たります。韓国にライトノベルはntノベルという形態に出版されているしntノベル以外もイックストリムノ&#8722;ベルや他のノベルたちもたくさん存在します。出版社ごとに違うんですよ。
ゆえに日本のライトノベルは韓国で出版社ごとに形態が違うように出版される。
そしてこのごろ韓国でもライトノベルに始動させて
シードノベルという形態に出版されています。
韓国作家たちが使ったのでしょう!


まだ既成作家何人だけ抜いて使うようだが、
これから新人作家もたくさん抜かれるよう。
7月25日三つの作品が同時売り出すというのに、
私は日本ライトノベルがもっと好きで。.

2007/07/15 4:44 PM by 韓国人
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://magne.jugem.jp/trackback/57
トラックバック