Magneの領域-Magnetic Field-

書を愛し狂う者のたわ言
<< 2004秋の新作アニメ | TOP | 韓国のライトノベル >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | author スポンサードリンク | - | -
「歌の翼に ピアノ教室は謎だらけ」
約一週間ぶり久々の更新は本の紹介です。

実は角川スニーカー文庫にも彼女の作品はあります。

歌の翼に ピアノ教室は謎だらけ 菅 浩江

小さな町の商店街でやっている音楽教室、そこのピアノ教師杉原亮子が周りで起きる奇妙なことや子供たちの悩みをすぱっと解決していくほんわかムードのミステリー作品。
なんとなくタイトルを見て本屋で手にとった本なのですが読んでいて凄く入り込んでしまいました。
この話はミステリーに分類されますが決して「誰かが密室で殺されて・・・」なんてシーンはありません。出てくる事件はどれも些細なことばかりなんです。
なのでミステリーって人が死んだりするから嫌いという人も問題なく読めます。
私は個性豊かな生徒たちや周りの人たちのほのぼのとした雰囲気にやられてしまいました。アットホームな話って好きです。

前に紹介した 「神様家族」同様『忙しい時ちょっと息抜きしたい』、『人生に疲れてて・・・』な方には読んでもらいたい癒し系ミステリーです。
でもこちらはギャグなしですよ。

ちなみに後で知ったのですが作者の菅先生はミステリのほかにSFの本もかなりの数出版しているようです。
「永遠の森―博物館惑星」「五人姉妹」、あと「アイ・アム I am. 」なんかも読んでみたいです。前の二つは高いので今度神保町に行った時に探してみるか、amazonのユーズド品を買うかしようかと思います(どうやら永遠の森のほうは文庫版が今年出たみたいなのでそっちでもいいです)。
| 00:34 | author Magne | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 00:34 | author スポンサードリンク | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://magne.jugem.jp/trackback/56
トラックバック