Magneの領域-Magnetic Field-

書を愛し狂う者のたわ言
<< ツキヨニサラバ | TOP | この夏を振り返る >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | author スポンサードリンク | - | -
ヘレティック用心棒と新横浜ありな
30日からバイトを休みにしたのでここ数日夏休み最後のときをゆっくりしてました。
昨日30日は親にもらった招待券で東京国際フォーラムで行なわれていた「人体の不思議展」に行ってきました。
かなりリアルな標本ばかりだったので、そういうのに弱い人は気をつけたほうがいいかも。
私はへいきで見た後に屋台で昼ごはん食べてましたけど。

そして都民の日である今日は秋葉原にPCパーツを買いに。
そして前より欲しかった「コトブキヤ ヘレティック用心棒」を購入。

前に買ったギルガメッシュよりもさらに細かいところまで作りこんであります。
しかし置く場所に困ってまして、なにせ部屋は本だらけで置く余裕が・・・

それとちょっとよったアニメイトで「ヴェネチア・ビエンナーレ第9回国際建築展−日本館 出展フィギュア付きカタログ」を買ってしまいました。
この本その名のとおりイタリアで行なわれる「ビエンナーレ国際建築展−日本館」のカタログです。
でもフィギュアが目当ての人も多いはず。
しかし中身のオタクに関する論文も少し興味深いものを感じました。
この本は一応向こうの人用のものなので英語とイタリア語、あと日本語3種類の言語で書かれています。
そしてこれが付いてきたフィギュア「新横浜ありな」です。
ついに買ってしまった・・・
店の看板まで細かく書いてあってびっくりでした。
私は「週刊わたしのおにいちゃん」は持っていませんが、そちらよりさらに凝ったつくりになっているようです。
食玩・フィギュア | 23:54 | author Magne | comments(0) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
- | 23:54 | author スポンサードリンク | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://magne.jugem.jp/trackback/52
トラックバック
2007/03/02 3:54 AM
夢野澄香(ゆめの・すみか):当初はワンダーフェスティバル2003夏で発売の予定であったが、時間的な問題もあって萌王の付録となった。初期設定では「体験版ちゃん」となっていたが、YUGによって「夢野澄香」と命名された。:フィギュアは着替え中のシーン。・福袋vsオ
フィギュアを集めた