Magneの領域-Magnetic Field-

書を愛し狂う者のたわ言
<< 更新方法変えました。 | TOP | 零崎曲識の人間人間 (講談社ノベルス ニJ- 21) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | author スポンサードリンク | - | -
ブギーポップ・クエスチョン沈黙ピラミッド (電撃文庫 か 7-21)
更新方法を変えての第1作目はブギーポップの最新作。
前作から実に22ヶ月、1作目から数えると10年間も続いている長寿シリーズです。
実は私がラノベをよく読むようになったのも高校生の頃友達に勧められて読んだ1作目「ブギーポップは笑わない」でした。
その頃からですから本当によく続いていると思います。そして老けたなぁ俺。

さて内容の方に入りますが今回の主人公はごく普通でちょっと三角関係な高校生卒業を間近にした男女3人組です。
その彼(彼女)らが久しぶりに会うところから物語は始まります。
そこに統和機構の人造人間「メロー・イエロー」に出会います。
このメロー・イエロー、今までの人造人間のなかでも実に"人間っぽい"印象を私は受けました。
なので睦美(男女3人組の一人、実質的な主人公)との会話はなんとも面白かったです。
最後のの4人のシーンは思わず「青春だなぁ」と思ってしまいました。老けたなぁ。

それにしてもこのシリーズはなんともスカッとしない終わり方が多いシリーズのような気がします。
もちろん私はその部分も含めてこの世界観が好きなのですが読んだ人の好みが分かれるのはその辺にあるんじゃないかなと。
今回も明らかになっていない謎がたくさんありますし。

でも今回の表紙のブギーポップ幼すぎませんか?
あきらかに前作より5歳は若いですって。
挿絵にSDキャラが多いので画風が変わったのかな緒方さん。
それとも俺が老けたのか?
ラノベ-電撃文庫- | 20:10 | author Magne | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 20:10 | author スポンサードリンク | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://magne.jugem.jp/trackback/152
トラックバック