Magneの領域-Magnetic Field-

書を愛し狂う者のたわ言
<< 刀語 第六話 双刀・鎚 | TOP | 刀語 第七話 悪刀・鐚 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | author スポンサードリンク | - | -
"電脳"とか大好き☆  −電脳コイル1−
宮村 優子,磯 光雄
徳間書店
¥ 860
(2007-04)
"メガネ"と呼ばれるウェアラブルコンピューターが子供達に大人気なちょっと未来の202X年。
"メガネ"が使える最後の歳である1小学校6年生の優子(ゆうこ)は電脳空間が壊れやすいという大黒市に引っ越してきます。
そこで謎の黒い生命体と出会い、そしてもう一人のユウコと出会います。

NHKでアニメが始まっている作品「電脳コイル」のノベライズ本です。
といっても原作というわけではなくところどころ設定も違うみたいです。
私はSF作品とか好きなのですが特にこういった"近未来"とか"電脳空間"とか"並行宇宙"なんて単語が大好きですね。
なのでこの話の世界はとても好きでぜひとも私も"メガネ"を使ってみたいです。まぁ年齢的に無理なのですが・・・
ジュブナイル小説として面白い作品だと思うので興味を持った人はぜひ読んでみてください。アニメを見るとイメージが湧きやすいかもしれません。

あとこの本の世界観が好きな人にはぜひ徳間デュアル文庫から出版されている東野司さんの「よろずや探偵調査局ページ11」シリーズも読んでみてください、きっとハマりますよ。
ラノベ-ノベルス- | 21:56 | author Magne | comments(0) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
- | 21:56 | author スポンサードリンク | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://magne.jugem.jp/trackback/146
トラックバック
2007/07/19 12:17 PM
「電脳コイル」の話題をまとめたサイト『話題の.jp』にこの記事が掲載されました。
電脳コイル - 話題の.jp