Magneの領域-Magnetic Field-

書を愛し狂う者のたわ言
<< “文学少女”と死にたがりの道化 | TOP | また一つ大好きな作品が終わっていく -神様家族8- >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | author スポンサードリンク | - | -
第2部、切に希望 -タマラセ 幼馴染はドラゴンを喚ぶ-
タマラセ 幼馴染はドラゴンを喚ぶ
タマラセ 幼馴染はドラゴンを喚ぶ
六塚 光

読みたいけれどいざ読み始めてしまうと終わるのがどこか切ない、シリーズのお話の最終巻を読むときはいつもそう思ってしまいます。
特にタマラセはこのブログでかなりの回数取り上げてきた作品なだけに思い入れも多い作品です(検索数でも一番が『タマラセ』でした)。

そういえば表紙の二人がラブラブモード全開だったのは前の巻で表紙を飾れなかった反動なのでしょうか?
ちなみに表紙で三助が持っている「パープル・シックル」が今までと雰囲気が違うのにはきちんと理由があります。中身を読めばキチンと分かりますよ☆

三助の過醒のこととかあるしハッピーエンドになるのか少し心配でしたがこの最後は良かったと思います。

続編を出すとすればタマラセの設定を残したまま舞台を変えたお話になるとのこと。
それもそれでとても読みたいのですが、あと1巻ぐらい『三助たちのその後』的な短編なんかを凄く読んでみたくはあります。
ラノベ-角川スニーカー文庫- | 17:05 | author Magne | comments(0) | trackbacks(2)
スポンサーサイト
- | 17:05 | author スポンサードリンク | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://magne.jugem.jp/trackback/122
トラックバック
2006/05/03 9:12 AM
タマラセ 幼馴染はドラゴンを喚ぶ 著者 六塚光 イラスト 日向悠二 レーベル 角川スニーカー文庫  終わらせ方も、著者の力量の一つだね。  人気blogランキングへ ← よ
ライトノベルっていいね
2006/06/07 10:06 PM
タマラセposted with 簡単リンクくん at 2006. 6. 7六塚 光〔著〕角川書店 (2006.4)通常2-3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る ちょっ……変形合体とかそれに勝っちゃう竹馬とかっ! さまざまな謎や伏線、人間関係の決着がきれいについたこと
Alles ist im Wandel