Magneの領域-Magnetic Field-

書を愛し狂う者のたわ言
<< 夏の読書感想文 番外 | TOP | 文句なしの大団円 -ネコソギラジカル(下)-  >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | author スポンサードリンク | - | -
タマラセ-鉄仮面はメロンパンの夢を見る-
更新が遅くてホントすいません。本自体は結構読んでいるんですがなにぶん書いている時間がないもので。

タマラセ 鉄仮面はメロンパンを夢見る
タマラセ 鉄仮面はメロンパンを夢見る
六塚 光

時間がない中この本の感想を書くのには実はうちのブログの最多検索ワードが「タマラセ」だからというのもありますが今回のお話が今後のストーリーのターニングポイントになりそうな話だったので書くことに。

今回は帯にも書いてありますがみんなのタマラセが出ないという困った状態。
原因はどうやら裸光の量が減っているため。
そういうときに限って戸有からの刺客が来るのはお約束。
しかも戸有と反乱グループとの間で揺れる夏月たちに送られた刺客というのが戸有の指導者亘理銑十郎の息子、亘理義顕に剣舞連とかなりの手誰ばかり。
タマラセがまともに使えるのは裸光石のペンダントを持っている夏月のみというこの危機的状況で三助はある方法を使うことになります。

今回の話は先ほど書いた通り話が最後に向けて急速に進みます。

夏月の本当の父、三十四と三助の兄昂治との関係。
三助がひょんなことから出会った結衣という少女の正体。
裸光の減少の意外な原因。
そして何気に今回もちゃっかり出ていた佐倉は次回もきちんと登場するのか…

タマラセの出せない純に出番はあるのか?というか出してください!!
こんなに気になる次回ですが次回はザスニ連載分の短編集&書き下ろしだそうです。
ザスニは立ち読みしかしていないのでこちらもすごく読みたいです。
短編しか出てないタマラセもあるので要チェックです。

前回のタマラセのレビューの時に今まで登場したタマラセを列挙しましたが今回も今作で初めて登場したタマラセを書いておこうかと思います。
これは明らかに私の自己満足&データベース用なのでネタバレがあったりします。
なのでこれ以降は読み終わってから読んだほうがいいかもしれません。
ということで今回初登場のタマラセ(一部例外)を紹介していきます。

タマラセ名「(名称不明)」
使用者 仁志名康晴
能力  仁志名海の父、康晴のナギナタ型タマラセ。残念ながらあまり活躍できなかった悲しいタマラセです。

タマラセ名「(名称不明)」
使用者 コウ兄様(光陽)
能力  その仁志名康晴を一撃で葬った銃剣型のタマラセ。銃剣といってもその大きさはバズーカ砲ですから図体のデカい光陽ならではのタマラセといえます。

タマラセ名「インビジブル・ワーム」
使用者 亘理義顕
能力  現戸有指導者亘理銑十郎の息子、義顕のタマラセ。鞭型のタマラセですが多節鞭と鉄鞭の二刀流、さらには多節鞭を針のように飛ばすなどなんとも義顕らしいずる賢いタマラセです。

タマラセ名「キャット・オブ・メニィ・テイルズ」
使用者 結衣
能力  スク水で釣りいうインパクトのある登場をした結衣のタマラセ。小型の人形型のタマラセ(通称尻尾)を自分の手足のように操る。攻撃にも使えそうなタマラセですが今回は通信や盗聴などに使っています。

タマラセ名「ペイル・ホース・カミング」
使用者 高神登志子
能力  義顕の教育ママ(を気取っている銑十郎の愛人)登志子のタマラセ。某FF7のクラ●ドの持っているような大きな剣の形をしています。

タマラセ名「キャプテン・カットスロート」
使用者 迅又三郎
能力  前作では名前が書かれなかった迅のタマラセの名前が今回明かされました。しかし八阪井三十四に一蹴されてしまいました。

タマラセ名「アボミナブル・スノウマン」
使用者 井倉泰臣
能力  前回はタマラセを使わなかった井倉のタマラセも今回登場しました。大きな雪だるま型のタマラセの中はまるで四次元ポケットのようにいろんなものをしまうことができます。井倉はこの中にライフルの弾を詰め込んで戦闘に使っていました。

タマラセ名「フィーンド」
使用者 仁志名海
能力  記憶と共に封印されていた海のタマラセは三助と同じ大鎌の形をしていました。

タマラセ名「ブラック・オーラ」
使用者 八阪井三十四
能力  八阪井姉妹の父、三十四のタマラセは夏月、葉月と同じ手甲型ただし大きさが桁違いだそうです。いつもは自分の周りに黒い霧のようにして漂わせています。この状態でもたたくことは出来るみたいで迅を一撃で倒すほどの威力もある怖いタマラセです。

タマラセ名「レッド・ドラゴン」
使用者 亘理一花
能力  今回の裸光減少の原因になったタマラセ。大量の裸光を吸収する最悪のタマラセで現在は死んだと思われていた亘理銑十郎の娘、一花が所有している。赤い竜の形をしたそのタマラセは義顕と高神を裸光の炎で燃やし尽くしてしまった。

次回はザスニの短編なのでちょっと変わった面白い(?)タマラセが登場すると思いますよ。
ラノベ-角川スニーカー文庫- | 00:54 | author Magne | comments(0) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
- | 00:54 | author スポンサードリンク | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://magne.jugem.jp/trackback/116
トラックバック
2006/11/12 1:38 AM
タマラセ 鉄仮面はメロンパンを夢見る六塚 光 角川書店 本編はこの巻を除けば後一冊。 少し短いかなとも思いますが、下手に長くしてグダグダになるよりはいいのかなと思いますね
ライトノベル・漫画が好き☆