Magneの領域-Magnetic Field-

書を愛し狂う者のたわ言
<< タマラセも十人十色 -タマラセ サイボーグは果実を愛する- | TOP | 夏の読書感想文 1枚目 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | author スポンサードリンク | - | -
博士と教授 -ヴぁんぷ!2-
お待たせしました(?)約1ヶ月ぶりの更新です

ヴぁんぷ! (2)
ヴぁんぷ! (2)
成田 良悟

成田さんデュラララの続編を書いたかと思えば今度はヴぁんぷの続編になります。
8月発売のヴぁんぷ3と繋がっているのでネタバレなしの方向でいこうかと思います。

今回の話もグローワース島。
しかしスポットが当てられていえるのは伯爵というより、前作にも出てきた好きな姿に変われるヴィル(今回はほとんどが少年の姿です)でした。
彼は"自分"を見つけようとしています。
そんななか新しい食鬼人(イーター)が島にやってきて・・・

今回の話には新しい城の住人=吸血鬼が登場します。その中には電撃pに載った『ヴぁララ!』に出てきたマンドラゴラのセリムなども出てきますが一番異色だったのが『博士』と『教授』のコンビ。
地下墓地で研究をしている彼らなのですが『博士』は口調が爺くさいの美少年(年齢は吸血鬼にしては若い27歳)なのですが実は今回の話にかかわる重大な秘密が・・・
一方『教授』のほうは可愛らしい少女の吸血鬼なのですが外見は棺桶にロボットっぽい腕が生えたなんとも不思議な容姿、ちなみに棺桶の中身は乙女の秘密だそうでお教えできません。自分で呼んで確認してくださいね。

こんな魅力的なキャラクターたちが織り成すちょっと真面目でおバカ多めのヴぁんぷ、来月が楽しみです。
ラノベ-電撃文庫- | 00:52 | author Magne | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 00:52 | author スポンサードリンク | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://magne.jugem.jp/trackback/112
トラックバック