Magneの領域-Magnetic Field-

書を愛し狂う者のたわ言
<< ソウル・アンダーテイカー | TOP | よくわかる秋葉原メイド店リスト -よくわかる現代魔法 たったひとつじゃない冴えたやり方- >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | author スポンサードリンク | - | -
リリアとトレイズ2
もうかなり時期を逃した気がしますがせっかく読んだので感想でも書区ことにしました。

リリアとトレイズ (2)
リリアとトレイズ (2)
時雨沢 恵一

もう読んでいる人が多数だと思うのでここは少しネタバレ込みでいこうかな。
前にも書いたとおり「アリソン」の続編にあたる作品ですが、今回はアクションパートは少なめかなというのが読み終わった第一印象でした。
しかしリリアとトレイズの掛け合いはアリソンとヴィルのそれに酷似していて読んでいて面白かったです。

こっから下ネタバレですご注意
でもまさかカルロが女の子だったなんてびっくりでした。
このことを分かった後では1巻目のあとがきで作者の時雨沢さんの言っていた「フリル付きスカートを頭にリボンで口絵の一番目立つところに立たせるぞ」というのが無性に見たくなってきました。

そして今回もあとがきは特殊で本編の後サイドストーリーの間にありました。
まったく毎回あとがきが楽しみでなりません。
あとサイドストーリのひとつアリソンの遺書ですがもしかしてアリソンのドラマCDについてきたというアリソンからヴィルへの手紙とは違うものなのでしょうか?
詳細を知る人はご一報をいただきたいなぁ。
ラノベ-電撃文庫- | 16:43 | author Magne | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 16:43 | author スポンサードリンク | - | -
コメント
>違うものです。

そうなんですか、情報どうもありがとうございます。
ますますドラマCD欲しくなっちゃいました。
2006/01/19 5:02 AM by magne
手紙について

違うものです。
2006/01/13 9:38 PM by D−1
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック