Magneの領域-Magnetic Field-

書を愛し狂う者のたわ言
<< デュラララ!!×2 | TOP | ブギーポップ・バウンディング ロスト・メビウス >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | author スポンサードリンク | - | -
リリアとトレイズ 機,修靴篤鷽佑藁更圓帽圓辰
今回のオススメはアリソンの続編「リリアとトレイズ」です。

リリアとトレイズ (1)
リリアとトレイズ (1)
時雨沢 恵一

この作品は『アリソン』の続編なのでそちらを読んでから読む事をお奨めします。
アリソン3巻の終わり、エピローグにも書かれていたヴィルとアリソンの娘リリアとベネディクトとフィオナの息子トレイズが今回の主人公。
彼女たちは夏休み二人で旅行に行くことに。
ただの観光旅行だったはずがいろいろと巻き込まれていくことになるというアリソン1巻にも似たストーリー。
やはり強気のリリアがトレイズを引っ張っていくという構図でした。
リリアは母親アリソンの遺伝子のほうが強く出たのかもしれませんね。

もちろんこの作品の中にもアリソンや、ベネディクトなど懐かしい面々も登場します。
みんな基本的に変わってませんでしたね。
アリソンはやっぱり寝起き悪いし、都合により会えないヴィルとの電話ではかけ終わった後小躍りしで喜ぶところなど変わっていないというか成長してません。
ベネディクトとフィオナは相変わらずのラブラブっぷりでトレイズの双子の妹メリエルにあきれられてました。

あとがきもやはり奇抜です。こればかりは本屋さんで見てみてください。ヒントは540度。

余談ですが、実はこの本一回電車の中に忘れてきてしまいました。
なので今家にあるのは2冊目になります。
アリソン1巻は雨で濡らしてしまうし、私とこの作品にはなにかあるのかもしれません。
ラノベ-電撃文庫- | 23:46 | author Magne | comments(2) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
- | 23:46 | author スポンサードリンク | - | -
コメント
はじめまして、今日は。
かりんとうと申します。
わたしは「アリソン」シリーズが大好きで。
だからもちろん「リリアとトレイズ」も大好きなのです。
時雨沢さんのものを書く抜群のセンスと、黒星紅白さんのかわいくてかっこいい絵のセンスがすばらしくマッチしてますよね!
これからも大いに期待しちゃいます。
それでは。
2006/02/24 8:58 PM by かりんとう
はじめまして!
『アリソン』の主要人物が出てきたのは良かったデス。
前の作品に比べると、リリアとトレイズは少し
キャラが弱いような。。。

次の巻に期待します!
2005/12/27 10:11 PM by ユキノ
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
2005/12/27 10:06 PM
リリアとトレイズ「そして二人は旅行に行った」 時雨沢 恵一 幼なじみのリリアとトレイズ、 ひょんなことから夏休みに旅行することに。 ふたりの共通の趣味「飛行機」に乗るふたり、 しかし、謎の男に飛行機は狙撃されてしまう。 −−−− 「アリソン」の
時間旅行〜TimeTrip