Magneの領域-Magnetic Field-

書を愛し狂う者のたわ言
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | author スポンサードリンク | - | -
夏の読書感想文 2枚目
一昨日の続き、読書感想文の後半戦です。

涼宮ハルヒの陰謀
涼宮ハルヒの陰謀
谷川 流, いとう のいぢ

アニメ化も着々と進行中のハルヒシリーズの第7作目。
8日後の未来からやってくる朝比奈さんと一緒に、これまた未来の朝比奈さん(大人)からの指令をこなすという朝比奈さんだらけの1冊でした。
今回読んでいて大変に感じたのが時系列を把握することでした。
今回の話は新年に入って2月ぐらいまでのお話なのですが前作の「動揺」は時間がバラバラな短編だったので時間的には5作目「暴走」の次の話になります。
でも話を忘れかけていたのでところどころ読み直しながら読み進めていきました。



バイトでウィザード 響けよわが祈り、と少女は笑った
バイトでウィザード 響けよわが祈り、と少女は笑った
椎野 美由貴

今回はコミカルなザスニ連載の短編ではなくシリアスなき下ろしの長編になります。
亡くなったと思っていた京介の恋人、礼子。
彼女は敵対組織の暗殺者として京介の前に立ちはだかりました。
今回はその組織「久画均精」の本部に"本家"に連れて行かされるところから始まります。
「久画均精」側の暗殺者たちの不幸な境遇、京介の葛藤、塩原友子の淡い恋心などそれぞれの事情があるなか「久画均精」の最高位と光流脈の家長との意外な因果関係などラストまであともう少しといった感じです。



女子大生会計士の事件簿〈DX.1〉ベンチャーの王子様
女子大生会計士の事件簿〈DX.1〉ベンチャーの王子様
山田 真哉

最後はラノベじゃない作品を紹介します。
タイトル通り女子大生会計士の萌実が主人公と新米会計士補・柿本が主人公。
この二人が企業の監査のなかで様々な企業の不正を暴いていきます。

専門用語に注釈がついていたり謎解き風に物語が書かれていたりと読みやすくする工夫もしてありスラスラと読めました。
なのに読むと会計士というお仕事について、さらには会社の仕組み、経済の仕組みまでも分かるというちょっと得した気分になれる本です。
ラノベ-複数レビュー- | 21:00 | author Magne | comments(0) | trackbacks(1)
夏の読書感想文 1枚目
2ヶ月以上もほったらかしにしていてどうもすいません。
そこで今回はこの夏休み2ヶ月間で読んだ本の中からすこしずつピックアップして書いていくことにします。


ヴぁんぷ! (3)
ヴぁんぷ! (3)
成田 良悟

このひとつ前の記事に書いたヴぁんぷ!2の続編、カルナル祭編はこの巻でラストになります。
各人それぞれの復讐劇は佳境を向かえます。
ヴィルとセリム、そして前巻のラストで正体が明らかになった"博士"、また『組織』の吸血鬼たちも島に訪れ、カルナル祭はもう大変。
ラストの展開は少し予想とカブるところはありました(特にヴィルの辺り)がそれでも予想つかないストーリー展開に驚かされっぱなし。
次回に続きそうな伏線もきちんと張っている辺りまだまだ話は続きそうです。
あとがき(豪華12P!!)によると次回作は電撃hpに連載していた『世界の中心針山さん』と越佐大橋シリーズ完結編『がるぐる!』だそうです。



ビートのディシプリン (Side4)
ビートのディシプリン (Side4)
上遠野 浩平

ブギーポップシリーズの番外編として連載されたビートのディシプリンの最終巻。
フォルテッシモからカーメンの捜索、ビートはついにそのカーメンに辿りつきます。
浅倉朝子がいるおかげでストーリーがハードになりすぎず、軽くなっていると思います。
ブギーポップ本編はブギーポップ(藤花)の関係上舞台の範囲は小さいのですがこちらはその制限がないため(とはいえ本当はビートも朝子も高校生なんですが)舞台が日本を越えてしまいます。
また出てくるキャラクターも本編では出てこない人たちだらけ。
しかし世界観はしっかりとしているし、本編につながりそうなところもあり全然違うお話には見えないのがこのシリーズの面白いところだと思います。



とある魔術の禁書目録(インデックス) (6)
とある魔術の禁書目録(インデックス) (6)

いろいろあった夏休みも終わり新学期の初日、普通の生活に戻れると思っていたらもちろんそういうわけにも行かず・・・
今回の話ではインデックスが学校に来てしまいます。
そこである女生徒と出会い親しくなっていくことに。
インデックスにとっては初めての「ともだち」、しかし彼女にはイギリス清教に狙われるだけの秘密を持っていたのです。

毎回新しいキャラクターが出てくる今シリーズですが今回は主人公の当麻の前に現れ、インデックスの「ともだち」になる謎の転校生(もちろん女子)、美琴のルームメイト(もちろん女子、百合属性アリ)、敵のゴーレム使い(もちろん女子、というかお姉様)と女の子だらけでした。
今回も魔術の描写など結構細かく書いてありますが今回は彼女の正体や「AIM拡散力場」、「虚数学区」など"科学"側の設定もかなり凝っています。
そしてなにより

灰村さんの挿絵がいつにも増してエロい!

これは買いですよ、奥さん。
ラノベ-複数レビュー- | 18:57 | author Magne | comments(1) | trackbacks(1)
ぶっ飛べ!フラストレーション:欲求不満
先週の研究室の歓迎会に続いて今週はサークルのほうでOB会がありました。
開始は夕方からなのでみんな秋葉原なんかに寄ってから行ったようですが(私も行きましたけどね)、私は前々から行ってみたかった青山ブックセンター(略称ABC)に行ってきました。
前にもブログの記事にした「電撃文庫Art Show」の会場「Gofa」のすぐ近くなんですがあの時は改装中で入れませんでした。
なので今回行ってみたんですが想像していたのと全然違いました。
まず大きなビルすべてが本屋さんだと思っていたらビルの一階層のみしかも地下2階でした。
いつも行く本屋とはこれまた違った大人な雰囲気
ですがさすが表参道などが近いこともあってか全体的にお洒落なテイストがいっぱい、少しびっくりしてしまいました。
並んでいる本も英語の本がたくさんあったり美術関連(画集みたいなものからイラストブックまで)が豊富においてあったりと場所柄を感じました。
それと近くに青山学院大学があったりするからでしょうかコピーサービスも行なっていました大型の図面コピーなんかやラミネートサービスなどもやっているみたいです。
ここで購入したかったのは「南青山少女ブックセンター」の2巻。
タイトルからもわかるとおり作者の桑島さんが明らかに参考にしたであろう本屋さんなのでぜひともここで買ってみたいと思っていたのですがさっきも書きましたがあまり漫画やライトノベルなどは売ってそうもない雰囲気。
ですがちょこっとそのスペースはありました。
その写真がこちら
3巻が出たらぜひ入荷してくださいね
「南青山少女ブックセンター」あった〜!!
...ってあれ? 2巻がないぞ?
そうなんです1巻はあるのみ2巻は置いてなかったんです。
がっくり。
代わりといってはなんですが「よつばと」の3巻を購入。
そのあと御茶ノ水、秋葉原とよったのですがOB会のためにお金を下ろしていたこともあってこれまで買えなかった本(とくに漫画)などを購入全部で15冊にもなってしまいました。
ここで買ったものの紹介

「よつばと(3)」
やっぱりよつばとは癒されます。特にあさぎとよつばの話にはなんともほのぼのされました。

「R.O.D-READ OR DREAM 3」
この巻からTV版より待望の彼女が登場します。エプロンドレス姿のマギーにはやられました。

「NHKにようこそ!(2)」
ひきこもり漫画の2巻、岬ちゃんと佐藤君が急接近?

「げんしけん(5)」
げんしけん待望の5巻、4巻と同様今回も初版にはしおりが付いてきます。
私は会長がでした。この巻を読んで新入生荻上さんのイメージが少し変わりました、4巻のときしおりが荻上さんだったとき少しヘコんでどうもすいません。

「BREACH」3冊
これは神保町の古本屋で購入。
武装錬金が出てから買うのをやめていたのですがアニメも始まったので改めて買ってない巻を買いました。

「このライトノベルがすごい!2005」
こちらは予約していたのを秋葉原で引き取りました。
今後のライトノベルを読むときの参考にしたいと思っています。

そのほかに文庫を3冊買いました
「南青山少女ブックセンター(2)」
「トゥインクル☆スターシップ 7」
「電撃!!イージス5」

肝心のOB会のほうですが困った事態もなく無事終了できました。
2次会のカラオケのあと3次会のオールナイトカラオケではOBさんがあまりいませんでしたがとても楽しい会だったと思います。

8時に池袋を出て家に帰ったのですがこの日28日にもある用事、しかも本がらみのイベントに参加してきました。その話はまた後で書くことにします。
ラノベ-複数レビュー- | 23:35 | author Magne | comments(0) | trackbacks(0)