Magneの領域-Magnetic Field-

書を愛し狂う者のたわ言
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | author スポンサードリンク | - | -
保障論は? -映画「神様のパズル」-
JUGEMテーマ:映画

今月最後の投稿は初めての映画の投稿です。
前の記事に書いた通り神様のパズルの映画が公開されたので見に行ってきました。
正直HPを見た時点で行く気はうせたのですが一応見てみようということで公開初週に行ってきました。

あくまで私個人の感想ですが

なぜあの主人公にした!

というのが正直な感想です。
原作では落ちこぼれの冴えない学生だった基一ですが映画の主人公、基一は「すし屋で働くおちこぼれロッカー」。
双子の兄、喜一の代理で物理のゼミに出席しているという原作とは似ても似つかない設定です。

たしか市原隼人による双子の演技も良かったし一般の人が感情移入しやすいようにキャラを変えたのでしょうがあまりに変わりすぎて原作を読んだことのある人にとってはもはや同じ人物として認識することが出来ません。

また映画の最後にもちょっと違和感を感じました。
以下ネタバレ(文字を反転して読んでください)
原作では無限での騒動の後(この騒動も原作とはちょっとちがうのですが)サラカは大学をやめ高校に編入、母親もサラカの父親である森矢先生と再婚しますが映画ではその辺りは全面カット、森矢先生にいたっては一切出てきません。
映画のラストはロックと物理を絡めた良くわからない論文を書いた基一は自分ですし屋を始めます。
そこで新たな夢をみつけ一歩を始めた基一のお店に引きこもりだったサラカがやって来て…

そこで終了。

なので私のイメージですが原作では「サラカと基一の二人が出会うことによって二人がそれぞれ変わっていった」話しが映画では「基一の個性の強いキャラクターによってサラカが変わっていった」といった風に感じました。

:ネタバレ終了
とまぁ散々なことを書きましたが物理の小難しいことを分かりやすく説明していたり前半のギャグっぽいパートがあったり”ラブコメディ”としては十分見れる作品だったとは思います。
なのであくまで原作が好きで映画を見ようという人はかなりの
”覚悟”をもって見に行ってください。
かく言う私も一応覚悟して見に行きましたが撃沈しましたので・・・
あと映画を見て原作を読もうと思っている人(いるのか?)も気をつけてくださいね。


追記:
私は記事を書く前にもう一度その本を軽く見直すのですがこの前の記事に書いた「今日の早川さん2」にこんなことが書いてありました。

マイナー至上主義のオタクは自分や自分と趣味を同じくする仲間だけが知っている作品が広く一般層に知られることになると、まるで作品が陵辱されたかのごとくぼやきます。原典・原作が広く一般向けに改変されようものならなおさら。

中略

またこんなぼやきの裏には<自分だけが知っている>ネタが通用しなくなることへの危機感もあります。オタクというのは誰も知らないネタを一方的に語っては公の場を煙に巻いて悦に入る生物ですが、いざというときの懐刀の予備本数が多ければ多いほど安心できる、という心理が働いているのです。

……まさにその通りかも(苦笑)
雑記 | 21:16 | author Magne | comments(12) | trackbacks(0)
更新方法変えました。
実はわたくしこの4月で晴れて社会人の仲間入りをいたしました。
会社は某エンターテインメント企業です。
なので今まで以上に読む時間(というかレビューを書いている時間)がなくなってしまいそうです。

そこでこのブログの更新を月一回、その月の最終日曜日にしようと思います。
その最終日曜日にまとめてそのつきに読んだ本、マンガの中から2,3作品について書いていこうと思っています。

こんな辺鄙なサイトですが読んでくれている人が一人でもいてなんかしらの参考になるならば続けていこうと思いますのでこれからもよろしくお願いします。
雑記 | 19:38 | author Magne | comments(0) | trackbacks(0)
3月4日が暇な仙台市民のみなさ〜ん。はんだやレイブですよ〜!
はんだやレイブ07春

明日の3月4日、仙台市勾当台公園野外音楽堂で結構マジメでちょっぴりおバカな野外レイブイベント「はんだやレイブ07春」が開催されます。
ガチなDJプレイがあるかと思えばお子様、お年寄りにも楽しめる面白プレイもあったりとても面白いイベントになっています。
あとカレーや鍋なんかも振舞われます(もちろん無料!!)。
朝早くから夜中までぶっ通しでやっているのでGW後半戦、特に用事がないというお暇な人はぜひ。

東京在住の私mixi内有志による「はんだやツーリスト」で仙台に向かいます。

詳細は公式HP→
雑記 | 00:00 | author Magne | comments(0) | trackbacks(1)
半年ぶりにちょこっと更新。
半年も記事を書くのすっぽかしていたらすっかりアクセス数も減って過疎化してしまってましたね(汗)・・・
言い訳のようですがちょっと大学の方が忙しくてゆっくりと本を読む機会が減ってたんですよ。
読んでたのはもっぱら専門書と論文ばかり。

その大学が少し落ち着きそうなのでまた少しずつではありますが更新していこうと思います。
あとリニューアルというほどではないですがレビューのカテゴリを出版社レーベルごとに分けてみました。これで少しは昔のレビューも検索しやすくなったとおもいます。
雑記 | 16:30 | author Magne | comments(0) | trackbacks(0)
本×雑貨=ヴィレッジバンガード
今日は祝日なので久しぶりに神保町へ行ってきました。
今日探していたのは、古本ではなく少し昔のライトノベル『よくわかる現代魔法』という本。
これで気軽にあなたも魔法使い?
この本を知ったきっかけになったのはこの前買った『このライトノベルがすごい!2005』、その中の紹介ページでした。
さすが神保町、近所になかったこの本を何とか見つけることができました。
そして今日は初めてヴィレッジバンガードに入ってみました。
このお店は本屋と輸入雑貨屋がくっついたようなお店で見ているだけでとても面白かったです。このお店の面白いところは雑貨の横にそれに関連した本が置いてあることです。ジッポーが並んでいるかと思えば、その横に『禁煙マニュアル』みたいな本が置いてあったりします。
あと置いてある本の半分以上に店員さんが書いたと思われる手書きの説明なんかも添えてあってずいぶん参考になりました。
そこで結局私が買ったのは『ガチャピンチャレンジ3』
前にも紹介したガチャピンチャレンジの第3弾。
今回私が出たのは「モトクロスレース」、ほかにも今回はサッカーやスカイダイビング、トランポリンなんかがあります。やはりシークレットはあの赤い人なんでしょうか?
それにしてもガチャピンってやっぱスゲー
帰りは秋葉原によったのですが、そこでまた気になるフィギュア(ガチャガチャ)を発見。
先月見てハマリそうな予感大のトップをねらえ2、そのフィギュア『HGIFトップをねらえ2』です。主要キャラのノノやラルク、チコなどがあるようですがなんとバスターマシンのディスヌフもこの少女たちに混じってラインナップしているのです。しかもそのディスヌフが格好いいこと!!
私はラルクとそのディスヌフが欲しいです。
とはいってもこのフィギュア、まだ発売してません。どうやら発売は今月の26日前後とのこと、その日は100円握って秋葉原直行しようかと考えています。
でも少したってからバラで買ったほうが安く済むかしら、ディスヌフなんか需要なさそうだし安く買えそう...悲しい話だけど。
雑記 | 20:57 | author Magne | comments(0) | trackbacks(0)
決して色褪せることのないその声。 -for RITZ-
冬コミ初日行かなかったもうひとつの理由はこのCDを買うためでした。

ご冥福をお祈りいたします
for RITZ /岡崎律子

去年5月、彼女の訃報を見たとき私は目を疑いました。
切ない歌の多い岡崎さんにしてもこれは切なすぎますした。

このCDは岡崎さんが作詞、作曲したPCゲーム「シンフォニックレイン」の曲を彼女が自分で歌ったもの10曲+岡崎さんの一番有名な曲「forフルーツバスケット」の全11曲になっています。

これまでの岡崎さんのテイスト全てが入っているような11曲でした。
中にはなにか自分の運命を予感していたような感じの曲もあり、CDを聞いて涙が出てきたのは初めてかもしれません。

最後にアルバムの中から特に心に響いた歌詞を少し紹介し、ご冥福をお祈りいたします。

ごめんね お別れが突然で
今は ちょっとね 寂しいけれど
かなしみじゃないの
いつか ちゃんと想い出になる
(トラック2 『I'm always close to you』より)

どうしてもひとりじゃだめな夜は
記憶の箱を開けて
少しだけ そこで逢いましょう
どんなことも一晩中だって打ちあけてね
でも
涙でおえてはだめよ
きっと 笑って箱を閉じて
(トラック4 『いつでも微笑を』より)

いつか 終わるのかもしれない
終わりなどないかもしれない
でも 止まぬ雨はない
だから いいの いいの
(トラック10 『涙がほおを流れても』より)
雑記 | 19:00 | author Magne | comments(0) | trackbacks(0)
文系番組? -爆笑問題のススメ-
たった今終わったのですが、月曜日の夜24:20から『爆笑問題のススメ』という番組がやっています。
この番組では毎回作家の皆さんをお呼びしていろいろとトークしているのですが、この12月はとても一般の人より私たちのような人間の好みそうなラインナップでした。
12/6は池田理代子先生、あの『ベルばら』の作者の方です。
先週12/13は私のブログでも紹介した『中野ブロードウェイ探偵』の作者で、あの迷作(?)『高橋名人VS毛利名人』の脚本でもある渡辺浩弐先生。
新たなOTAKUのカタチ『中野系』を紹介していました。
そして今週12/20は『ゴルゴ13』でおなじみのさいとう・たかを先生。
横にある等身大のゴルゴ13フィギュアにはびっくりしました。
今年の放送はこれでおしまいなのですが、来年第一回のゲストは『GOTH』がコミック化したり、『ファウスト』などにも書いていたりと話題の乙一先生。
これはもう見るしかありませんね。
雑記 | 01:25 | author Magne | comments(0) | trackbacks(0)
HDDが奇音を上げて・・・
このところ更新できなかったのには一応ワケがありまして...

じつは家のパソコンのHDDが奇怪な音と立てて動かなくなってしまいました。
まだ使い始めて3年ぐらいなので少し早い気もしますがまぁ仕方がないのかもしれません。
バックアップは一応していたので新しいHDDに入れ替えたりをしていました(それでも消えたファイルもあります)。
その作業と大学のほうが忙しかったのが重なり更新遅れたわけです。
本もあまり読めなかったしこれからはバシバシ読むぞ!!
雑記 | 11:16 | author Magne | comments(0) | trackbacks(0)
LINEAR vol.05
更新するのが遅れましたが、先週の土曜日LINEARvol.5に友人と行ってきました。

私はvol.3に続いて二回目の参加だったのですが今回は場所が中野から、田町「Studio Cube 326」に変更してました。
ここの2階のステージ、そして6階のラウンジスペースが今回の会場。
中野のときに比べてかなり広くなっていたので余裕をもって聞くことができました。
今回は8時間の長丁場だったので変えるころにはもうヘトヘトでしたね。
でも最後のころにはみんながひとつになった感じがしてとても楽しませていただきました。

イベントが終わった後、私と友達は秋葉原へ行って「クイズマジックアカデミー2」をプレイ、そのままファミレスで一晩過ごしました。
日曜の朝、PSPの発売の列を見守ってから帰宅。

次回のLINEARも行けたらいいなぁ。
雑記 | 15:37 | author Magne | comments(0) | trackbacks(0)
なんじゃこりゃ〜
11月はわたくし凄く週末が忙しくまったくといっていいほど休んでいません。
そのせいなのか21日のバイトが終わって顔を洗っていたら手に赤いものが・・・

鼻血が出てしまっていました、バイト中だったら大騒ぎですよ、子供相手のイベントだったしね。

喉の調子のほうも悪くなってきているので23日はゆっくりと休みたいなぁ〜
ちなみに今週の週末もサークルのイベントで忙しくなる模様・・・

読みたい本が山ほどあるんですけどもそんなにお金もないし時間もないしでたまりそうです、11月はいろいろ出るんだけどなぁ〜

読みたい(買いたい)ものリスト・・・・・・の一部

R.O.D -READ OR DREAM 3
よつばと(3)
南青山少女ブックセンター(2)乙女のリハーサル
トゥインクル☆スターシップ 7
このライトノベルがすごい!2005
ファウストVol.4
etc...

本当はこれ書いたの昨日の夜なんですがJUGEMの調子が悪いのでこんな時間になりました。なんで私が更新しようとすると調子が悪くなるのでしょうかねぇ
雑記 | 08:15 | author Magne | comments(0) | trackbacks(0)